ブログ│新潟市西区の歯科・歯医者|おおぬき歯科クリニック

025-211-3741

★:土曜午後は14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
※祝日のある週の木曜は診療

診療時間
9:00~13:00
14:30~19:00

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

医科歯科連携について

2019年7月18日

新潟市西区・おおぬき歯科クリニック院長の大貫尚志です。

開院して2か月が経過しました。今後も地域の皆様のお役に立てるように努力して参ります。

さて、医科歯科連携による歯科治療についてお話したいと思います。

医科歯科連携は医科主治医と歯科が患者さんについて情報を共有しながら治療を進めるうえでとても大切なことです。

私は3月まで大学病院口腔外科に勤務しておりましたが、医科歯科連携口腔管理チームにも所属しておりました。そこでは、医科に入院中の患者さんの歯科治療や口腔ケアに携わっておりました。特に癌の手術を控えている患者さんや化学療法、放射線治療を受けられる患者さんには、医科での治療前に口腔内を診察させていただき、治療前に感染源の除去を行うべき治療をさせていただいたり、医科での治療がスムーズに進むように口腔ケアや歯科衛生指導を行わせていただきました。全身麻酔での手術を受けられる方は、手術前に口腔内の感染源や汚れを取り除くことにより術後の肺炎予防などの効果があるといわれています。また、化学療法や放射線治療を受けられる方は口内炎が悪化するなどの副作用が見られることがあり、副作用が悪化すると医科の治療が中断しなければならないこともあります。治療前に口腔内の環境を整えることは副作用発生の予防になりますし、治療中も口腔ケアの介入を行うことにより副作用を発生したとしても軽減することができます。最近では、化学療法や放射線治療が外来通院で行われることもあります。これまでの経験を活かして当院でもご自身でのケアの仕方を指導したり、歯科衛生士による専門的口腔ケアを行わせていただきます。手術やがんの治療などを控えている方がおりましたら一度お口の中を見せていただければと思います。

さらに、持病を持たれている患者さんに対しても主治医と手紙などで情報交換し患者さんの疾患に対する情報を共有しながら治療を行っています。例えば、血液をサラサラにするお薬を飲まれている患者さんでは、患者さんの薬の情報や血液データ、現在の全身状態について問い合わせを行い病状を把握したうえで歯科治療を開始いたします。血圧の高い患者さんでは、血圧などを歯科治療中に測定しながら変動がないように注意しながら対応しています。何か薬を飲んでいるから歯科治療が心配と思われている方がおりましたらご相談ください。

医院の庭の木には少し前にシャラの花が咲いていました。今は残念ながら雨風で散ってしまいました。最近では、ブルーベーリーの実がなっています。日に日に実が紫色になっており収穫が楽しみです。庭の木を眺めながらリラックスして医院にお越しいただければと思います。